insect exterminator

害獣を追っ払う

insect exterminator

イタチの住みかの変遷

野生のイタチは山や野原といった自然あふれる場所に生息しています。しかし、古くから民家への侵入被害も多く、害獣としてイタチ駆除が行われてきました。過去の建物の造りは外部との露出部分が多く、木登りを得意とするイタチの行動によって天井裏での住みか造りはよくあるものでした。現在では気密性が高い建物が多い傾向にあります。イタチの住みつきが減少している様に思えるかもしれませんが、そうではありません。山や森の減少に伴い餌の減少も著しいもので、餌と求め人間環境に入り込み現在の建物でも侵入を行っています。逆に、良質な断熱材の使用、気密性の高さがイタチにとって、冬場における最良の住みかとなってしまっているのです。都会でもそのような傾向を見せるイタチ出現は、現在でも全国いたるところでイタチ駆除が行われています。

イタチ駆除の今後の傾向

イタチの体は細長く、非常に素早い行動をとります。敷地内に住みかを造ってしまった場合、独自でのイタチ駆除は非常に困難なものとなります。追い払おうとしても再び住みかへ戻ってくる習性があるうえに、捕獲は極めて困難です。さらには法律によって捕獲を行ってはいけない定めが設けられており、お手上げ状態の被害にあう事もあります。イタチ駆除の手段として最も多く選択されているのは専門業者によるものです。イタチの追い払いや駆除を行い、更には住みかの清掃や消毒を行ってくれます。現在の鳥獣保護の為の法律がネックとなり、被害にあっているにも関わらず自身で捕獲できない状況から、今後多くの方がイタチ駆除専門業者を依頼する傾向が予想されます。